1. トップページ
  2. >
  3. トップページ
  4. >
  5. 古民家の解体には自信有り!

工事発注・お問い合わせ

電話受付 8:00-21:00 年中無休
※営業時間外は問合せフォームにて365日24時間対応

古民家の解体には自信有り!

古民家の解体には自信有り!

古民家 解体

古民家とは、江戸時代以前に建てられた家屋だけではなく、第二次世界大戦以前で100年以上経過している家屋も含まれます。

古民家の解体には自信有り古民家の解体には自信有り鹿児島県気候を考えると、茅葺屋根のまま現存している古民家は少ないのです。特に古民家は人が暮らさないようになると柱が腐ってしまい倒壊の危険性が高まります。この様になってしまった古民家は、早急に解体しなければなりませんから、再使用可能な棟木や梁材を丁寧に解体することが必要です。

鹿児島解体工事ドットコムでは古民家の解体工事に精通した業者もいますから、「古民家の解体には自信有り!」を謳うことができます。古民家の材木は、煤が付いて防腐効果のあるものや経年変化により強くなるものもありますから、質さえ良ければ買取りをしてくれる業者がいるのです。古材買取り業者は、古民家再生のための古木収集しているのです。

古民家の解体には自信有り古民家の解体には自信有りまた、近い将来、倒壊の危険があると思われる古民家は、市区町村に申し出れば助成金給付の対象となることがあります。古民家を解体して売却できる木材は売却し、市区町村の支援も受ければ、解体費用節減につながるのです。古民家の解体には自信有り古民家の解体には自信有りこれらのノウハウがあるからこそ「古民家の解体には自信有り!」と言えるのでしょう。

古民家の解体には自信有り古民家の解体には自信有り鹿児島県での助成金は、鹿児島市、鹿屋市、南さつま市、西之表市、曽於市は、30万円限度、霧島市、阿久根市、姶良市は、80万2千円限度となっています。

もし、倒壊寸前の古民家を放置したままにすると、行政代執行が発令され行政の手で解体されることになりますが、土地や建物の所有者が分っている場合は、助成金の給付も無く解体費用の全額の支払いを行政にしなくてはならなくなるのです。

古民家の解体には自信有り古民家の解体には自信有りこうならないためにも、鹿児島解体工事ドットコムに参加している地元解体業者に依頼して、行政への働きかけ古民家の危険度調査してもらってください。

江戸時代より以前の古民家で間取りの広い建物の場合は、事前に最寄りの教育委員会に通知して、埋蔵文化財の有無調査の必要性があるか否かの判断も仰ぐことが必要になります。もし、調査が必要になれば、古民家の解体を行う時、地面の掘削はしない方がいいです。

古民家の解体には自信有り古民家の解体には自信有り貴重な埋蔵文化財が見つかれば、その所有権は土地の所有者にありますから、教育委員会に持ち帰られないようにするか目録を記載しておくと良いと思います。専門知識を有している鹿児島解体工事ドットコムに参加している解体業者を利用することは、土地所有者権利守り、少しでも安価解体工事をすることができるのです。

古民家の解体

お客様の体験談

お客様の体験談

ご先祖様から受け継いだ大事な家だったのですが、建て替える事になり、御社が古民家の良さを残し、古材を活かす方法で解体されるということで、お願いしました。

新築を計画するに当たり、柱組を活かす建築方法を選んだので、壁だけを壊し、柱だけにするスケルトン解体を行っていただきました。

打ち合わせの段階から、真摯に話を聞いていただき、面倒くさい工事内容にも対応していただきました。作業も丁寧で、新しく生まれ変わるのが楽しみです。

古民家の解体に掛かる時間や日数について

古民家の解体に掛かる時間や日数については、家屋の広さによっても変わりますが、古材として再利用される場合は、その分日数が余分にかかります。

重機で通常の解体方法で行えば、一般の解体工事と掛る日数は変わらないと思います。

古民家の解体の費用について

古民家の解体の費用については、家財道具その他の物が残っていれば別途費用がかかります。古材を売却することもできますから費用は、さほどかかりません

また、倒壊の危険性がある場合は、助成金対象になることもありますから、市区町村に問い合わせてください。

古民家の解体の施工実績

古民家の解体の施工実績

木造平屋建て建物

とても大きな家の解体でした。敷地内へ入る為の道路を作るのに地盤が柔らかく大変でした。母屋から、煤けた梁を、抽出する事ができました。
隣に竹やぶがあり、竹の根が侵入しないように、シートも取り付け致しました。

茅葺き建物

昔ながらの茅葺き屋根の家屋を解体しました。最初に出入り口にあたる部分の樹木撤去から始めました。
全ての屋根、壁を取り除いて柱、梁のみにし、手壊しにて、抽出していきました。

【古民家解体前の外観と内部の様子】
古民家解体前の外観古民家解体前の内部の様子