1. トップページ
  2. >
  3. トップページ
  4. >
  5. 平屋、2階建て、3階建て問わずに家の解体可能!

工事発注・お問い合わせ

電話受付 8:00-21:00 年中無休
※営業時間外は問合せフォームにて365日24時間対応

平屋、2階建て、3階建て問わずに家の解体可能!

平屋、2階建て、3階建て問わずに家の解体可能!

家の解体

解体工事は、手順さえ間違わなければ、どのような物体でも同じだと思います。ですから、「平屋、2階建て、3階建て問わずに家の解体可能!」と言えるでしょう。解体工事を行うには、解体工事許可業者としての資格を有し、資格免許を所持しているものの下で行うことと、届出が必要な建設リサイクル法や市区町村などで定められた条例等の遵守さえ履行すれば解体作業は行えます。ただ、アスベストのある建物を解体する場合は、アスベスト対策関連法にも注意が必要です。

先ず最初に行うのは、施主との打ち合わせですが、必要な物の持ち出しが有るか否かを聞いたりします。家屋解体に入る前に、家屋内に残されている家具や建具それに畳などを撤去し、廃棄物の種類毎に分類し大型土のう等に入れ付近に散乱しないようにするのです。撤去が終えれば、解体工事域をシートで囲み、ホコリが舞い上がらないよう散水などをします。3階建てであれば10メートルを超える高さになりますから、パックホウでは作業が困難です。このような時は、足場を設置して、屋根の下地材を人力で解体し、3階部分の柱を切断して梁材と共にクレーン車で下ろします。後は0.45程度のパックホウがあれば解体作業は可能です。解体業者は、すべての解体に対応する重機や機材を所有しているわけではありませんから、これらをリースしたり外注したりして作業を行います。家屋の解体工事は、粉塵との戦いです。散水や清掃などをこまめに行わなければ、近隣の方に迷惑をかけますから、気をつけることが大切となります。また、使用する重機も低騒音タイプの機種を用いることも必要です。特に住宅密集地域で解体工事を行う場合は、ビラを配布し解体工事の日時を知らせ、住民の方の理解を求めると共に土、日、祭日の作業はしないこととし、作業開始や終了時間も考慮する必要があります。

「平屋、2階建て、3階建て問わずに家の解体可能!」ですが、解体工事現場をシートで囲っていても、解体時の振動によって隣接する家屋の壁面に亀裂ができたりして問題になるケースもありますから、隣接家屋に被害が及ばないような対策が必要です。鹿児島解体工事ドットコムに参加している業者は、解体する家屋周辺の状況を把握した上で場所毎に異なる適切な対策を講じ解体作業を行います。解体工事完了後、地域住民の方に安心していただけるよう近隣の清掃もし、解体工事完了時の挨拶も施主様と共にさせて頂きます。