工事発注・お問い合わせ

電話受付 8:00-21:00 年中無休
※営業時間外は問合せフォームにて365日24時間対応

阿久根市

阿久根市での解体工事について

阿久根市は鹿児島県の北西部にある人口約2万1千人の市で、阿久根市のアクとは魚や魚業、ネは岩礁を意味しており、昔から漁港として栄えてきました。

また農業も盛んに行われていて、デコポンやシイタケやキウイフルーツなどが特産品として知られています。

そんな阿久根市内には、古くなった家屋や倉庫やコンクリートのビルなどの解体工事を必要としている方が、個人、法人問わずに数多くいると思いますが、解体工事のことなら是非鹿児島解体工事ドットコムにお任せ下さい!

阿久根市にお住いの方であれば、弊社まで電話などでお問い合わせいただければ、担当スタッフが工事内容をお聞きして、すぐに現場調査をいたします。

現場をしっかり見ることで、正確な御見積りを出すことが可能になります。

工事前の打ち合わせは追加料金や不備が起きないように丁寧に行い、お客様に満足してもらえるお仕事をさせていただきます。

解体工事の際にはどうしてもごみや騒音が出てしまいますが、近隣住民の方々へのご理解をいただき、極力迷惑がかからないような工事をいたします。

阿久根市 解体工事

阿久根市の解体の対応地域

琴平町
本町
塩鶴町
晴海町
塩浜町
大丸町
新町
鶴見町
高松町
丸尾町

阿久根市 解体工事

阿久根市での解体工事の施工実積

施工実積

本町

阿久根市本町にて、鉄筋構造の3階建て建物の解体工事を行わせていただきました。
少々大型の建物であるということで、鉄骨コンクリート解体機などの大型の重機を投入し作業に当たらせていただきました。
市街地の住宅街の一角ということで、騒音や粉塵などに関してもしっかりとした対策をとった上で作業を行いました。
その甲斐もあってか苦情なども一件も寄せられること無く、スムーズにすべての作業を終えることが出来ました。

塩浜町

塩浜町にて、空き家の解体工事を行わせていただきました。
元は民家であったお家で、それなりに老朽化の進んだ建物でありました。
ご依頼主様は元そのお家の住人の方で、幼少時代に住まわれていた思い出ある建物を壊すに偲びなく思われていたものの、防犯・防災の観点および固定資産税の問題から解体をご決断されたとのことでした。
それほど大きな建物ではなかったため、少人数のスタッフを派遣し問題なく作業を終えることが出来ました。

琴平町

琴平町にて海沿いにある元々商店としても用いられていた店舗兼民家の解体工事を行わせていただきました。
ご依頼主様はその商店店主のお子様で、店舗自体は10年前に閉店されていたそうですが、その後は住居としてご両親がお住いになられていたそうです。
そのご両親も昨年他界され、空き家となってしまったため解体をご決断されたとのことでした。
建物自体はそれほど大きくなく、問題なくすべての作業を終えることが出来ました。

鶴見町

阿久根市鶴見町にて、民宿の解体工事を行わせていただきました。
ご依頼主様は地元で先代から民宿を営まれているという方で、現在の建物が築40年を超え、さすがに老朽化が激しくなってきたため解体し、リニューアルオープンをしたいとのことでした。
建物のサイズはやや大きめであったものの、鉄筋構造ではなく木造でしたので比較的簡単に作業を進めることが出来ました。
ご依頼主様もご満足していただけたようで、ありがたく思いました。

阿久根市での解体工事のお客様の体験談

周辺住民の方々にも好評でした

先日はアパートの解体、大変ありがとうございました。当初、解体工事をする人たちは付き合いづらいと思っておりましたが、現場に伺い見ていると作業員の方々は、言葉遣いも仕事の取り組み方も大変素晴らしかったです。鉄骨造ということでやむを得なかったかと思いますが、工事中に周辺住民から騒音、振動について少し苦情がありました。すぐに対応していただき、お陰様で隣家の方々にも喜ばれ、大変満足しております。

信頼のおける対応でした

正直、解体というのは重機で一気に壊すものだと思っておりましたが、ずいぶん丁寧に分けて解体している自宅を見て、頼む側の気持ちや、リサイクルを考慮した施工に大変感心しました。
貴社から見積もりをもらい、お話しをさせていただくうち、丁寧な説明と人柄から、信頼できる業者と思いお願いしましたが、作業もその通りでした。

しっかりした会社です

近隣への事前の挨拶も行きとどいており、対応が良く、誠実で会社の社員教育が行き届いているのが感じられました。それに感心した地主さんから工事用の車両の駐車スペースも提供され、スムーズに工事が終了できました。解体工事など初体験で当初大変不安でしたが、おかげさまで無事すませる事ができました。ありがとうございました。