工事発注・お問い合わせ

電話受付 8:00-21:00 年中無休
※営業時間外は問合せフォームにて365日24時間対応

家解体 鹿児島市
2016年2月26日

最近は空き家が多くなっているのですが、鹿児島県の鹿児島市は県庁所在地で最も人口が多くなっていますし、近年では九州新幹線が全線開通したことで、さらに発展をしている地域になっているということもあり、他の市町村に比べれば、空き家の数は少なくなっている方だと言えるでしょう。空き家の数が少なくなっているとは言っても、全く無いというわけではありませんし、最近では平成の大合併で市町村の面積がかなり広くなっているところもあるため、中心街から離れた場所では空き家の数も多くなっています。

このような傾向になっているのは鹿児島市も同様で、やはり鹿児島市内の中心部であり、交通の要所でもある鹿児島中央駅の近辺では、空き家の数は少なくなっているものの、鹿児島中央駅から離れた地域では、空き家が存在していることも多くなっています。空き家というのはそのまま放置していると、どんどん劣化が進んでいくという特徴があり、実際に人が住んでいるよりも劣化のスピードが早くなるのです。しかも持ち主は、実際に空き家に住んでいなくても税金の支払い義務が発生します。

中には家の持ち主が亡くなってしまい、所有者がいないという状況の場合もありますし、引越しをしたときにそのままにしておき、持ち主を探すのが大変だという状況の場合もあるのです。よって空き家になることがわかっているのであれば、早めに解体をして手を打った方がよいでしょう。確かに解体するには費用が掛かりますが、近年ではどんどん税金が上げられているので、税金の支払いがなくなったと思えば、解体した方がお得になると考えられます。

解体費用は1度きりなのに対して、税金は毎回支払わなければいけないのです。しかも鹿児島市は鹿児島県内では最も地価が高くなっている地域なので、他の市町村よりも税金は高くなっているのが一般的です。解体依頼は少々面倒ですが、鹿児島市役所へ行けば丁寧に説明してくれるので、まずは市役所に行って相談してみましょう。更に解体業者への連絡も忘れずに行わないといけません。

家解体 鹿児島市