工事発注・お問い合わせ

電話受付 8:00-21:00 年中無休
※営業時間外は問合せフォームにて365日24時間対応

住宅解体
2020年4月7日

鹿児島県内の住宅解体について

住宅解体

鹿児島県内で住宅の解体をお考えの方は鹿児島解体工事ドットコムへご連絡ください。

当社は鹿児島県内全域で住宅の解体工事を承っており、その低価格に加え初期の打ち合わせから工事完了後の現場検収をしていただくまでの対応に対し、これまでお客様より高い評価を頂いております。

住宅解体お礼
住宅 解体 お礼

住宅解体のご依頼方法

住宅解体のご依頼及びご相談を頂く際は、お問合せフォーム・電話・FAX・メールにてお願いいたします。

ご連絡を受付後、当社よりお見積もりに必要な項目を幾つか質問をさせていただきます。

それにより概算のお見積もりをご提示させて頂く事が可能です。

正確な金額や項目をご希望の際はあらためて現地を訪問調査させていただき正式なお見積もりを作成したうえで予想される工事日数などと共にご提示させていただきます。

金額等の条件が整いましたら正式にご依頼を頂くこととなります。

住宅解体のお見積もりは無料です。

すぐに工事に掛からなくても結構ですのでまずは鹿児島解体工事ドットコムへご連絡ください。

工事の発注・ご相談はこちらから

住宅解体ご依頼時の注意点

住宅解体を業者にご依頼される時の注意点としてまず大前提なのが住宅の解体工事を請負う為の許可を得ているかと言う点です。

他に過去に行政処分を受けた履歴があるか無いか、もしある場合はその内容、これらも市役所で聞くことが出来ます。

悪質な内容で行政処分を受けた履歴のある業者は依頼される候補から外された方が良いでしょう。

また過去に違法行為によりニュースになっていたり、暴力団との関わりが疑われるような業者は避けたほうが懸命でしょう。

住宅解体前の様子

【住宅解体前の外観と内部の様子】
住宅解体前の外観住宅解体前の内部の様子

住宅解体

住宅解体の料金について

住宅の解体料金は基本的に解体を行う住宅の延べ床面積を基準として算出されますが、そのほかに重機の使用が可か不可か、廃材の運搬にはどのサイズの車両を使用できるか、またどの様な仮設が必要になるか、など多くの条件により変わってきます。

正確な解体料金は現場調査、お見積もりを経てお客様にご提示させていただくこととなります。

電話やメール等で、概算の料金をお知りになりたいと言うお客様は、当社よりお聞きする数項目をお教えいただけましたならご提示させていただきます。
見積書 サンプル

住宅解体のQ&A

住宅の敷地内に庭木がありますが、工事のため別の場所に移し替えたいのですが、それも含めてお願いできますか?
はい、住宅の解体費用とは別費用となりますが、作業自体は可能です。
初めて住宅の解体お願いするのでどうすれば良いのかわかりません。事前に何か調べておくことはありますか?
建物の形状や 大きさ、種類(木造/鉄筋/鉄骨等)や期限があればそれも含めてお知らせいただければ結構です。最初の打ち合わせの際に弊社の方から色々質問させて頂きますので、それからご準備して頂いて結構です。
住宅の解体費用の支払いはいつ頃お支払いすれば良いですか?前金などは必要ですか?
通常であれば解体工事が終了後一週間程度となりますが、出来る限りお客様のご都合に合わせることも可能です。
住宅を取り壊した際に「建物滅失登記」をすると聞きましたが、どのように手続きをするのか分かりません。
法務局にて手続きが必要となりますが、ご心配であれば弊社にお任せいただければ、丁寧にご説明可能ですし、また、登記の専門家に委託することも可能です。
鹿児島市内の実家の取り壊しを検討していますが、私が県外にいるため、逐一工事の現場を見たり、近隣への挨拶など難しいと思われます。どうすればよろしいでしょうか?
最初にお打ち合わせをさせていただき、工事に入る前に弊社の作業責任者により近隣の方へご挨拶回りをさせていただきます。また、工事の工程につきましても、細かくご報告させていただきますので安心してご依頼いただければと思います。

請負例

木造一般住宅32坪

こちらの現場は解体工事を行うに際し、これと言った障害は無く、隣接する住宅等も無かった為、重機をフルに使用できる環境でした。
計画当初からそれらが見込まれた為、解体工事費用もたいへん低く抑えられています。

木造集合98坪

木造総2階建てのアパートを解体いたしました、こちらのアパートは敷地入り口から縦長に配置されていた為、手前端から徐々に解体する方法をとりました。
解体材の集積等がしづらい為、通常より2日ほど日数を多く使って完了しています。

鉄骨造店舗兼住宅50坪

全ての外壁(軽量コンクリートボード)を手作業にて解体した後、構造体の鉄骨をボルト外し及びガスによる切断で解体しております。
作業員が鉄骨に乗り作業を行いますので解体の順序を塾慮し確実に作業を行うことが重要になります。

木造一般住宅一部

増築の為に接続部の解体を行いました、大工さんの立会いの下、細かい指示を受けながら手作業にて解体工事を行いました。
粗い作業は後々住宅の不良へ繋がりますので丁寧に作業を行いました。

軽量コンクリート住宅51坪

こちらの工事では窓、ドアの建具を手作業で取り外した後、コンクリートパネルを1枚ずつクレーンで吊りながら解体する方法がとられました。
近隣の関係からクレーンの旋回範囲が非常に狭かった為、安全面に気を使い人払いをしながらの慎重な作業となりました。

住宅解体をお断りさせて頂くケース

当該物件に複数の所有者がいらっしゃり全員の方の承諾が得られない場合や、抵当権が付いている場合など、登記の内容上問題があると判断させていただいた場合、解体工事を行うことで近隣とのトラブルが発生する可能性が考えられる場合等は解体工事をお請け出来ない事があります。

これらの事項を放置したまま解体工事を行いますと最悪の場合、訴訟などに発展する可能性が少なからずありますので解決しないままの状態ですと解体工事をお断りさせていただくこととなります。

お客様の体験談

お客様の体験談

息子が結婚して一緒に住むことになり、二世帯住宅を建てるために古い住宅を解体することになり、できるだけ費用を安く抑えようといろいろな業者から見積もりを取りましたが、鹿児島解体工事ドットコムが一番安かったのでとりあえず詳しい話を聞くことにしました。
家に来てくれた担当者の方がとても優しそうな方で、第一印象は抜群だったのですが、見積もり内容を細かく説明してくれて、なぜ他社よりも安いのかということもきちんと説明してくれたので、即決でお願いすることにしました。

住宅解体に掛かる日数

住宅解体に掛かる日数については、住宅の広さにもよりますが、一般的な30坪程度木造住宅の場合は、仮設工事と内装解体で1日目、屋根材と内装解体で2日目、外装材と住宅本体の解体で3日目、住宅本体の解体と基礎取壊しで4日目、付属構造物取壊しと庭木の撤去で5日目、そして6日目には整地作業を行って、仮設の撤去をします。延べ6日間の工程程度ですが、この間に撤去した廃材や残殻等の分別を行った上でダンプカーに積込み処分をしていくのです。結論としては、およそ1週間が目安となります。

>>RC造住宅解体
>>鉄骨造住宅解体